漫画「マッシュル」全巻買ったらいくら?まとめ買いの最安値は?

マッシュル全巻いくら

「マッシュルを一気読みしたい‥!」
「全巻買ったらいくらする?最安値は?」

マッシュルの全巻をまとめ買いしたいとき、どこで買えばお得なのか?最安値はいくらなのか?といった点は、気になりますよね。結局どこで買おうがマンガの内容は同じですから、できるだけ安く・お買い得に買いたいものです。

そこでこの記事では、マッシュルの全巻はいくらするのかと最安値情報を調べてみました。できるだけ損せず買いたい人は以下の内容を参考にしてみて下さい。

目次

漫画「マッシュル」は何巻まで出てる?

マッシュル何巻まで

マッシュルは現在、全18巻まで発売されています。マッシュルは既に完結しています。

マッシュル全巻まとめ買いの【定価】は?

マッシュル全18巻の定価は、8,954円(税込)です。

巻数値段(税込)
1~7、9~13巻484円
8巻506円
14~17巻528円

マッシュルは巻数によって、484円~528円まで値段が違います。新しい巻数の方が値段が高くて、古いのだと安い傾向です。全18巻まとめ買いすると8,954円(税込)になります。

マッシュル全巻まとめ買いの【最安値】は?

マッシュルを全巻まとめ買いする場合の【最安値】を調べてみました!新品と中古で値段がぜんぜん違うので、別々にお伝えします。

※以下の掲載価格は、すべて調査時点での価格となります。

新品の最安値

新品の最安値は、全18巻:8,954円(税込)でした。この価格は上で紹介した定価とまるっきり一緒です。

新品の場合はどこで買おうが価格は一緒のようです。以下は、主要な漫画通販サイトで調べたときの値段です。

サイト全18巻値段(税込)
漫画全巻ドットコム8,954円
Amazon8,954円
楽天市場8,954円
Yahoo!ショッピング8,954円
アニメイト8,954円
ヨドバシカメラ8,954円
管理人

紙書籍新品の場合、値段はどこも一緒なので、好きなところで買えばいいと思います。

中古の最安値

中古で買う場合、調査時点ではどこのショップも品切れでした。

サイト全18巻値段(税込)
漫画全巻ドットコム品切れ
BOOKOFFオンライン品切れ
ネットオフ品切れ
駿河屋品切れ

ただし、タイミングによっては入荷される可能性があります。「中古本でも大丈夫」という人は上記の各リンクから飛んでみて、在庫状況を確認してみて下さい。

マッシュル全巻を格安で読む方法

マッシュル全巻を格安で読む方法

格安で読む方法は、マッシュルを紙書籍ではなく、電子書籍で買うことです。

マッシュルに限らずですが、紙書籍よりも電子書籍の方が、制作に時間とお金がかからないので、電子書籍の方が安いんですね。

以下は、マッシュル全18巻(新品)を【紙書籍 or 電子書籍】で買った場合の比較です。

デバイス全巻の定価(税込)
紙書籍8,954円
電子書籍8,493円

さらに・・!

電子書籍の場合、各サービスによって【初めての人限定の割引クーポン】が用意されている場合が多いので、もっとお得に読むことができます。

たとえば、電子書籍サービスの「ebookjapan」では、割引クーポンを使ってマッシュル全18巻を購入すると、定価よりも最大で約3,000円の割引が受けられ、約5,493円(税込)で買うことができます!

※1冊あたり459円とし、70%OFFクーポン(1回あたりの値引上限:500円)を複数回に分けて適用した場合の算定価格です。閲覧時の正確な値段は必ず公式サイトでご確認下さい。

スクロールできます
電子書籍アプリ全巻値段(税込)対象クーポン
ebookjapan5,493円70%OFF
(6回使える)
DMMブックス6,493円90%OFF
(上限割引2,000円)
コミックシーモア8,172円70%OFF
(1冊まで)
ブックライブ8,372円50%OFF
(1冊まで)
Amebaマンガ8,493円50%還元
(100冊まで)
まんが王国8,493円10~50%OFF
(毎日2回)
楽天Kobo8,493円なし
Kindleマンガ8,493円なし
単行本(Amazon)8,954円なし
※調査時点で、対象クーポンを使い算出した値段です。
閲覧時の正確な値段は必ず各公式サイトでご確認下さい。

マッシュル全18巻は、単行本:8,954円ですが、ebookjapanなら5,493円なので3,461円安いです

\ はじめての人限定クーポン配布中! /

管理人

ebookjapanを含めた、より詳しい電子書籍サービスの比較については、以下のページをご覧ください。

マッシュルを全巻読んだ人の感想

50代男性

本作は魔法がすべてという世界が舞台となっているのですが、主人公はよりにもよって魔法を一切使えません。これ一体どうなるの?と最初から驚きました。幸い人の好いお爺さんレグロ・バーンデッドに拾われたから良かったですけどね。そして主人公のマッシュ・バーンデッドは筋トレで筋肉バカのようになっていくんですけど、ここまで強いと面白いですね。魔法を筋肉でねじ伏せる!

という流れが序盤からずっと続くんですけど、これはこれで面白いです。イーストン魔法学校に入学してからも筋肉無双は続きますし。何より笑ったのが、あまりにも凄すぎて魔法に見えてしまうところですね。実際クラスメートだけでなく友人もマッシュが魔法を使っていると勘違いしていましたし。

マッシュとしては筋肉の力で速く走っているだけでも、周囲からすれば高速移動の魔法でも使っているのか?と勘違い。そして同学年はおろか上級生すらガンガン倒していく姿にはスカっとしました。あと面白かったのは序盤のドゥエロ対抗戦ですね。

魔法を使えないマッシュは当然箒に乗って空を飛んだりできないわけですけど、これを筋力で実現。挙句の果てに相手チームを完膚なきまでに叩きのめしたのは笑ってしまいました。まあこんな感じで魔法を筋肉の力でねじ伏せていくという内容なんですけど、私的には楽しめました。

他の人の感想を見る
30代男性

マッシュルという漫画の最大の魅力はずばり、主人公マッシュ・バーンデッドの強さでしょう!魔法がすべての世界で魔法が使えないマッシュがどうやって自分の地位を確立していくのか。そうなんです、このマッシュルの世界では魔法の強さがそのまま人としてのステータスにつながるのです。そんな世界でマッシュはまさかの魔力0で生まれるんですね。

マッシュの祖父は孫を不憫に思い世間から隠すようにして育てていました。魔法が弱いだけでひどい扱いを受ける世の中で魔力が0だとバレてしまったらどんな仕打ちを受けるかわかったもんじゃありません。そんな中、マッシュが取った手段はそう、筋トレです。

魔法が使えない分、フィジカルを鍛えるのです。単純明快でもちろんギャグ要素のある設定ですが、実はこれは世の中を生き抜くためのヒントだと思います。世の中の常識があったとしても自分の武器で戦えばいいのです。そんなメッセージ性を感じないこともない、そんな漫画です。

ちなみにマッシュは筋トレで凄まじい強さを手に入れますが、僕はマッシュの真に強いところは体ではなく心だと思っています。そもそも魔力が0で生まれても腐らずにひたすら体を鍛える、そんな風に考えられるのは彼のメンタルが強いからなんですね。そしてメンタルが強いから誰よりも優しい。

どんな強敵が相手であろうと仲間がやられたらビビらずに立ち向かうのです。心が強いから。きっと体だけ鍛えてもだめなんです。心が強くなければ。この漫画はギャグあり、パロディありですが、実はハートウォーミングで人生を教えてくれる、素敵な漫画でもあります。

20代男性

マッシュルは主人公のマッシュが、魔法のある世界で、魔法を使えず、筋肉だけで戦っていくという漫画です。作品としてバトルだけではなく、コメディ要素と半分半分のギャグタイプのバトル漫画です。

主人公や他のキャラクターを含めて、ユニークに描かれているため、キャラ分けがしっかりしていて面白いです。主人公最強系漫画なのでとても気持ちよく読み進められるのが、1番いい点です。画風もしっかりしていて、かなりごちゃごちゃした展開でもしっかりとしたタッチで描かれているのも魅力の一つです。

主人公が、バトルで魔法が使えないのにどう勝っていくかというのも毎回奇想天外なアイデアで勝ち進めて行くので、そこも楽しみながら読み進める事が出来るのもひとつの大きなポイントです。話自体も、複雑だったり難しかったりすることはないので、幅広い世代に読んでいただけるというのもこの漫画の魅力の一つだと思います。

相手キャラクターの魔法性も豊かで、読んでいてワンパターン差をあまり感じずに飽きずに読めるというところも素晴らしいと思います。世界観も込で面白く、読者が思うような方向に毎回話が進んでいくのでずっと楽しみながら読み進められるタイプの漫画です。

40代女性

魔法が使えるって夢があるけれど、誰もが使える世界だと使えないものは落ちこぼれ。何とも世知辛い物語となります。けれど、この作品にそんな悲惨さはありません。「MASHLE」なんてなんだかおしゃれでスタイリッシュな雰囲気だけどそんなこともないし。

いろいろな意味で裏切られる作品です。魔法が使えなくても力が強ければ最強な気がしますね。筋肉バカとか、脳みそも筋肉でできてるってマッチョな方々は言われたりもしますがこちらの主人公はその中でも最強でしょう。黙っていればスマートでやはりスタイリッシュな雰囲気でいい感じなんですが。

こういう方、周りにいたらかなり苦労しそうです。シンプルな絵で文字は少なめ。なのでサクサクと読むこと出来ます。テンポも速い。っていうかすぐに殴り掛かりすぎでしょう。敵キャラも次々と出てくるのですが、低いテンションでどんどん倒していって、最強です。

ツッコミは激しいけど主人公の返しは毎度一言。一応は魔法学校で3つの寮があってとハリーポッター感たっぷりですけど、ハリーポッター好きが見たらいろんな意味でショックを受けてしまうような気がします。全然別ものです。魔法と筋肉を戦わせたりしてはいけないってことです。

40代男性

マッシュルの世界観はハリーポッターのような魔法の世界で読みだしたときは主人公も魔法を使ったファンタジーなのだろうと思いワクワクしながらよみはじめましたが、ある意味で期待を裏切られました。主人公のマッシュは魔法が使えません。マッシュのおじいさんがしょっちゅう驚きの表情をしますがまさにあの感じです。

日本ではあまり目立たない作品でしたが、フランスで大ブレイクしたことにより知ることになりました。魔法の本場のヨーロッパでブレイクしたので期待をしていましたが、想像以上でした。マッシュは魔法が使えなければまただの可哀想なお話になりますが、育ての親のおじいさんに筋肉鍛えてみればと言われ、あれです。すごすぎます。

魔法が支配しているのに筋肉ですべてをやっつけるあたりが爽快感がすごいです。マッシュは冷めた表情をしていますが、ああみえて正義感が強くて仲間思いで倒した敵に対しても情けをかけるあたりがヒーローぽくてよいです。超絶魔力があり、性格がねじ曲がった相手を倒し改心させるあたりはまさに少年漫画、バトル漫画と思います。一見ギャグ漫画風にはなしが進みますが意外とシリアスな展開、友情展開、歴史考察が入るので面白いです。

40代男性

一番強く思うことは、「みんなと同じじゃなくても大丈夫なんだ」「何かができないくらいで人生はダメにならない」という設定で物語が進んでいることによって、実は、読んでいる人に対して大きなメッセージがあるということです。

魔法が使えなくても、弱くても、ちょっと変わっていても、自分が生きている環境に後ろ向きにならずに、強い気持ちや信念を育てれば活躍していける可能性があるんだ、それはマンガの中だけの話ではなくて、多様化して多くの価値観や人間性、生き方があっていい現代において、すごく当てはまると思います。

その前提で読んでいくと、主人公が活躍するほど、それを勇気や前向きな気持ちに捉えることができるので、毎回楽しく読んでいます。それ以外の部分でも、「魔法」というありきたりのテーマの中で、各キャラクターに個性を持たせて、ストーリーに起伏を作っている部分などは、作品の構成・作り方としてよくできていると思います。

ぱっと見ではそうではありませんが、よく読み込んでいくとジャンプの王道マンガの要素がしっかり入っていて、なかなかの読み応えです。こんな前向きな設定は、なかなかないですね。ギャグっぽい要素も多いので、アニメでもうまくテンポが作れると思いますので、原作が面白いんだなぁと実感しています。

30代女性

魔法界に生まれながら、魔法を使えない主人公マッシュは、森の奥で育ての父親と二人で静かに暮らす男の子です。現在の魔法界では、魔法が使えない人間が忌み嫌われるような差別が根強くありました。そんな不条理な世界でも生きていけるよう、父親はマッシュに日々筋力レーニングを課します。そのおかげでマッシュは並外れた筋肉と身体能力を手に入れていました。

しかし、そんな日々から一転、ひょんなことから、マッシュは魔法学校に通うことになります。魔法学校の授業は、もちろん魔法を使うことを学ぶので、魔法が使えないことを隠しながら、授業をこなさなければなりません。どうやって解決するのか。そこで筋肉です。マッシュが自分の筋肉を生かして、すべての課題を解決していきます。

それも淡々と、真面目にです。モンスターを倒したり、ホウキに乗ることすら筋肉でやってのけるのです。マッシュの独特な雰囲気と筋肉を使った度肝を抜くような身体能力のギャップに笑えること間違いなしです。愛すべき筋肉バカとでもいえるマッシュは、困難を乗り越えるたびに、周りに認められ、個性豊かな仲間にも恵まれていきます。

ちょっとおバカだけどまっすぐで憎めない、そんなマッシュのキャラクターに魅力を感じること間違いなし。ぜひ一読してほしい漫画です。

30代男性

魔法の世界で唯一魔法を無視して、筋肉を愛し、筋肉を愛し続けた男がいたら・・・というシュチュエーション。なんだよこれ、話の設定がメチャクチャ面白いじゃないですか。しかも、主人公メチャクチャシュールすぎてストイックすぎてまさに筋トレマンって感じなのがいいですね。

あくなき訓練は魔法すらも制すというような感じがもうメチャクチャ笑わせてくれます。相手の魔法なんて何のその鍛え抜かれた筋肉で「でもでもでもでもそんなの関係ねぇー」と言わんばかりに倒していく姿が爽快すぎました。魔法学校の意味がないんですが、もしもこんな奴と出会った時のことを想定するならこういう奴がいても面白いかもって思わせてくれるのがいいですよね。

パロディが過ぎるけれどなんとなく舐めている感じがして今の社会にこういう作品があるとスカッとしてくれるんで本当にありがたいです。読んでいくうちにどんどん面白くなっていく感じと主人公のキャラクターがまたほんとうにわらわせてくれるのがいいですよね。どこまで行ってもストイックで自分を鍛えぬいていく姿はすばらしいとしかいいようがない。自分を信じぬいたものしかたどり着けない境地というのはまさにこのことだと思うんです。

20代女性

話自体はわりと王道のバトルものでありながら、主人公の設定がぶっ飛んでいてなおかつ要所要所にギャグが盛り込まれているので重くならない点が良いと思います。まじめなシーンでも主人公は大好物のシュークリームをほおばっているのも緩急があって面白いです。絵も緩急があって、まじめなシーンではすごくかっこいいのにギャグでは目が死んでいるのもくすっと笑える要因です。

「魔法の世界でありながらも魔法が使えない」という設定はよくありますし、掲載されている雑誌にも似たような設定はありますが、魔法に関しては落ちこぼれでありながらも主人公最強系というのがあまり見ない設定で、短所があっても長所を伸ばせば十分活躍できるというメッセージにもなっていて、少年漫画らしさが感じられました。

魔法が使えないのにどうするの?という場面で主人公がとる行動がありえなさすぎて、敵やモブがツッコミを入れているシーンも面白いです。それぞれのキャラクターも個性的で、主人公はあまり感情的ではなくいつもぼけーっとしているのに、仲間に何かされたときなどは本気で怒ってくれるのも魅力の一つだと思います。

ただ感情的になるのではなくあくまで冷静に対処するのも好きです。仲間たちは、かっこいいのにシスコン、ちょっと馬鹿っぽいのに実は強いなどギャップがある人が多く、こちらの期待をいい意味で裏切ってくれるので読んでいて飽きません。

20代男性

マッシュルの漫画を読んでみて、一番印象残ったのがマッシュルには、魔法を使えない人間だったが、筋肉だけでなんでもできるところです。マッシュルはどんな敵でも立ち向かっていくポジティブなところに惹かれてしまいました。

私は男なのに、なぜか惚れてしまいまうくらいポジティプです。魔法を使えなくても異次元すぎる筋肉とポジティプでどんな壁でも軽々乗り越えられる姿を見て、私もこれからマッシュルみたいに筋肉を鍛えてメンタルも鍛えていきたいと思います。

この漫画は、ハリーポッターに似ていますが、完全に酷似しているわけではないが、似ているシーンもあれば、ハリーポッターにはないシーンもあったり、普通では考えられないボケシーンもあってとても面白いです。ギャグシーンで、他のキャラクターを困らせてしまうくらい日常な生活もあちこち見れて、非常に面白いです。

読むたびにクスクスと笑ってしまうくらいで、マッシュルのおじいちゃんが怒るたびにマッシュルは普通の人間とは思えないくらい反応で思わず笑ってしまいます。この漫画は、想定外な事も書かれるので、読むたびに想定外なシーンを見ると大爆笑してまうくらい、おすすめな漫画なので、騙されたと思いながら読むと面白いと思います。

まとめ

最後にここまでの内容をまとめます。

  • マッシュル全18巻の定価は、8,954円(税込)。
  • 新品の最安値は、定価と同じ8,954円(税込)。
  • 一方、中古の場合は漫画全巻ドットコムの8,490円(税込)が最安値。
  • 紙書籍のこだわりがなければ、電子書籍で買うのもおすすめ。
  • 電子書籍ならebookjapanで買える5,493円(税込)が最安値。

※調査時点で、対象クーポンを使い算出した値段です。閲覧時の正確な値段は必ず各公式サイトでご確認下さい。

ちなみにマッシュル4冊まで無料で読む方法もあります。詳細は、マッシュル電子書籍のページをご参考下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次